糖尿病は根治治療が肝心|血糖値の調整で元気な身体に変身

男女

糖分のコントロール

女の人

自覚症状のない疾患であり気がついた頃には病状が悪化してしまうこともある病気が糖尿病です。 栄養指導や血糖数値のコントロールといった部分まで体の状態を考えながら適切な治療をいつまでも続けていかないといけないのです。

血糖値のコントロール

男の人

遺伝子と生活習慣

糖尿病は、体内の血糖値が基準を超えている疾患になります。大まかに分けると、1型と2型といったものになるのです。日本国内の糖尿病患者の中で絶対数が、多いのが2型の方になります。この2型は、遺伝子と生活習慣が複雑に絡み合って発症する糖尿病なのです。したがって理論上は、同じような生活習慣で暮らしていたとしても発症しないこともあります。しかし日本人は、欧米人に比べると原因となる遺伝子を持っている確率が高いのです。初期段階の症状は、手足のしびれや口渇、多飲、多尿などがあります。ただこれらの症状は、ともすればたいしたことのないものとして自覚することもなく忘れられがちです。糖尿病は、重篤になれば昏睡状態や意識障害がおこる危険な疾患になります。早い段階で気づき、適切な治療をすることで健康寿命を維持できるのです。

食事療法と運動療法

糖尿病は体内の血糖値をコントロールすることが、治療するにあたって重要な疾患です。初期段階での治療には、食事療法と運動療法が最も大切になります。現代の糖尿病の食事療法は、エネルギーの制限といった方法がとられているのです。症状の度合いによって、一日に摂取してよいカロリーが決められます。多くの場合は、医師と栄養士と患者自身の協力することでこの食事療法は成立するのです。また運動療法は、医師の指導のもとに適した運動を行うことが求められます。運動も激しすぎるものを避け、患者自身が継続しやすいものが選ばれるのです。どちらの治療の方法も、糖尿病には必要とされています。特に食事療法は、カロリーさえ守れば良いというわけにはいかないのです。タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルといった五大栄養素を、バランスよく摂取することが治療には大切になります。また、糖尿病に有効とされるサプリメントを摂取することによって、糖尿病のコントロールを試みるという手段もあります。サプリメントの種類は豊富ですが、配合される成分によって効果は異なってきます。糖の吸収を抑制する作用を持っている成分やインスリンの分泌を促す作用を持つ成分など、有効成分をきちんと確認してから、サプリメントを選択するとよいでしょう。

血糖値を下げて予防する

シニア

血糖値を計る事は大事です。なぜなら、血糖値が高い事によって糖尿病の疑いがあるからです。また、血糖値が高い事でその他の問題を引き起こしてしまうため、食生活などを改善して血糖値を下げる必要があります。

国民病にふさわしい患者数

サプリメント

糖尿病は予備軍までいれると国民病といってもおかしくないほど多くの患者数がいます。予備軍のうちに症状を見つけ、早めに内科医の診察を受けることが大事です。治療は主に薬物療法、食事療法、運動療法ですが、うまく自分でコントロールできない場合はサプリを服用すると効果があります。